新しい絵の会




図画工作・美術・造形教育の実践 「すべての子に表現する力と生きる喜びを…」を
目標に研究を進めている自主的な団体

                 「新しい絵の会」 のホームページです      



2018年12月 冬季研究会は横浜の神奈川県民サポートセンターで行われました。
参加者 60名、子ども数人 

子どもたちの視線で、子どもたちに寄り添い、表現のリアルを実践作品を見ながら研究を深めることができました。実技講座ではそれぞれの分野で子どもたちが表現しやすい取り組みを実技を学ぶことができました。

◇12月26日(水) 
・実技講座
<水彩絵の具…講師 今関信子、  クレヨンクレパス…講師 大島早苗  凸版画…講師 飯田哲 >

     

  


・理論講座…堀新菜さん
(和光鶴川幼稚園)「子どもの生活と表現と…」

   


・作品検討会 
レポーター 司会
A  すなやま園(幼 湘南)、門田(支援 江東)、岸上(小 大阪)
B  小野(小 奈良)、河原(小 綾瀬)、腰(中学)

    


 

  

・作品交流会(16:40)〜17:30)


◇27日(木)
・サークル活動報告(10:00〜12:00) <司会 杉本>



<岩手・石川・奈良・京都・大阪・兵庫・でくの会・松戸・越谷・鶴川・江東・横浜・綾瀬・湘南各サークル>

・午後 総会 









第59回 全国図工美術教育研究会は奈良教育大学附属小学校を会場に開催されました。


記念講演…寮美千子実技講座…版画、編む、作品交流会、分科会




岩手、石川、愛媛など関東圏や地元関西から125名が参加。絵の会発足当時から参加している方から、初めての参加まで幅広い年齢層が集まりました。特に絵の会初参加の若い方が多く、とても新鮮な雰囲気で、それぞれの研究を深めることができました。

記念講演の寮美千子さんの少年刑務所での詩の授業は表現とは何なのかをとても分かりやすく示してくれました。新しい絵の会の設立も作文の会の指導から文章での表現と色と形の表現も同様ではないのかとの思いから設立されたものです。
基調提案の神吉脩さんも今日の学校現場での表現の在り様、発達に応じた表現の意味などを掘り下げるものでした。
この2日間を通して、今日における美術表現の意味を深く考えされる研究会
になったと思います。

大会速報は「研究会案内・大会案内」をご覧ください。


アドレス… mishima.m1511@gmail.com   


新しい絵の会 事務局長 三嶋眞人宛
〒2570047 神奈川県秦野市水神町5−26
TEL/FAX 0463-82-5215





新しい絵の会 のこと

研究会案内月例会サークル案内春冬研究会などの旬な情報を見ることができます。

会の概要 会の成り立ちとどのような活動をしているかを紹介しています
(会員申し込み)
研究会案内 研究会・研修会・全国大会などの案内や月例会の報告などを載せてあります
月1回 更新。最新情報を手に入れたい方はどうぞ
第59回全国研究大会
第58全国研究大会報告
第57回全国研究大会報告
研究会案内・大会」をご覧ください。

2017年の夏に開催された全国研究大会の速報です。@〜H
2016年の夏に行われた全国研究大会の速報です。
第56回全国研究大会報告  2015年の夏に行われた全国研究大会の速報です。
第55回全国研究大会報告 2014年の夏に行われた全国研究大会の速報です。
第54回全国研究大会報告 2013年の夏に行われた全国研究大会の速報です
第53回全国研究大会報告 2012年の夏に行われた全国研究大会の速報です
第52回全国研究大会報告 2011年の夏に行われた全国研究大会の速報です
美術教育誌「美術の教室」

 

 

会の発行している美術教育誌の紹介です。
102号 2018年3月発刊
         (購読申し込み…下記アドレスまで<三嶋宛>             
「美術の教室」別冊 美術教育誌「美術の教室」別冊の紹介です
リンク 他のページへのリンク(作文の会、美術教育をすすめる会、会員個人、ほか)


このページに付いてのご意見、ご質問等は mishima.m1511@gmail.com  までお願いします。

本サイトの画像等を無断で複製・転載することを固く禁じます

inserted by FC2 system